About usスリーシーズについて

Philosophy企業理念

こどもたちの可能性を育む
~キャリー保育園~

「スリーシーズ」という社名は、Carry Child Care(キャリー チャイルド ケア)の3つのCとこどもたちの可能性という‘種‘(シーズ=Seeds)を育むという思いに由来しています。
Carry Child Care(キャリー チャイルド ケア)の理念は「3つの手」です。
「家庭」「地域」「保育園」の3つが協力、連携し子育てを行っていきます。
この理念のもと、私どもが運営しているキャリー保育園では、保護者と同じくらいの愛情とまごころを持ってこどもたちの可能性を育んでいきたいと考えています。
将来どんな花を咲かせるのか、今はその‘種‘(Seeds)を大切に、大切に育んでいきます。

保育事業をおこなう意味

私たちは、質の高い保育事業を通じて、子ども、保護者、そして保育に従事する人、それぞれのキャリア形成に貢献します。

  • 01子どもの未来のために

    Child's future

    未来を生きる子どもにとって、「キャリア」とはこれからの人生における可能性のこと。「保育理念」にそった保育を通じて、人生の最初期という貴重な時間に、未来を形づくるためのサポートをします。
  • 02保護者のキャリア形成のために

    Career formation

    保護者が自分自身のキャリアを追求するうえで、大事なお子様を安心して預けられる保育という社会インフラの存在は欠かせません。私たちはお子様とともに、保育者のキャリアも応援します。

Message代表メッセージ

みんなが一緒に成長していける
保育園を目指して。

スリーシーズ株式会社

代表取締役星野 順也

子育てを取り巻く環境の変化

どんなに時代が変わっても親がこどもを思う愛情は変わりません。ですが、社会状況の変化とともに、子育てを取り巻く環境は大きく変わりました。
昔であれば、おじいちゃんとおばあちゃんと、おとうさんとおかあさんと、兄弟姉妹、たくさんの家族のもと、今より人的余裕のある中で子育てができる環境でした。
しかし現在では核家族化が進み、家庭内での子育てのマンパワーが圧倒的に不足しています。身近に子育てについて教えてくれる人がいないというケースもあるでしょう。

こどもの健やかな成長と、保護者の支援

私たちは保育園という社会インフラを通じて、こどもの健やかな成長を支えていくのはもちろんのこと、保護者の支援も行っていきたいと考えています。
本来喜びにあふれる子育てですが、時として心配や不安を抱え、悩むこともあるでしょう。ですが、そんな時こそ、悩みを分かち合い、こどもにとって一番いいことを一緒に探していける、そんな保育園づくりを進めていきます。
そして、「こどもの成長」という同じ喜びを共有し、こどもも保護者も私たちも一緒に成長していける、そんな保育事業を目指します。
その子らしい花を咲かせるために、ママらしく、パパらしく、私たちらしく共に子育てに取り組んでいきましょう。

Learn Moreスリーシーズをもっと知るもっと知る

  • 事業内容Service

  • 会社情報Company